◎ドラムのクオリティは素人にもわかってしまう。

ドラマーをやっていると、非常に思うのですが、

ドラムは、素人でも玄人でも、誰にでも分かりやすいパートです。

やたらと目立つ上に、
どの楽器よりもダメ出しをされやすい

のです。


よくミュージシャン間でも
「ドラマーはMじゃないとやれないよね」
という話題になります。

そのくらい、”好みだけではないところ”でご指摘を受けやすい。
一つ音がズレただけでも「あ、間違ってる…」と言われるくらい分かりやすい。

じゃあ、打ち込みでバッチリ正確にやったらいいかというと

「これは打ち込みっぽくない?」
「ドラマーってこんなことやらんよね」
 
みたいなことを言われちゃったりもします。

DTMで楽曲を制作している人なら余計にその事についてはたくさんのことを考えて
ドラムの打ち込みの時にもたくさんの時間と経費を使っているはずです。

なぜなら、場合によっては
ドラムの演奏クオリティが曲全体の印象を変えてしまうこともある
から。

そこに気づいてしまうと、ドラムの打ち込みに手を抜けなくなってしまう。


リズムラボにご依頼してくれている方は
そのことに気づいてくれている人ばっかりです。

ドラムを大事にしてくれるから、発注してくれています。

 

 

≫リズムラボの日常ブログ(アメブロ)はコチラ≪