◎いい感じに打ち込みができたのに、何かが足りない原因

DTMで打ち込みをしていて、


「いい感じに出来上がったんだけど、なにかが物足りないなぁ?」

と思う事はありませんでしたか?

それ、ドラムのせいかも知れません。

同じ曲でも、ドラムを差し替えただけで
劇的に曲を活かす事ができます!



実際の演奏で、ドラマーはとにかく多くの指摘を受けます。

何かが違う、そういわれる事もあるし、
もっとダイナミックに盛り上げて欲しい、
みたいに、言われる事もあります。

指示をする側は具体的な音符の指定というより
雰囲気で伝えてくる部分が多いです。


基本的にはドラマーの力量に一任されるわけで。
指示をする方も、どうすれば良くなるのかハッキリと「こうやって」という事が難しいのです。

ドラマーがいくつか思いつくのを試してみて
結局、ほんのちょっとのことなのに
「それそれ!!!」
となることもしばしばです。

「DTMで打ち込むドラムは何かが物足りない」

そう思っている方は、本職のドラマーに任せてみると解決するかもしれません。
 
 

≫リズムラボの日常ブログ(アメブロ)はコチラ≪