◎生ドラムと同じ環境にしてからレコーディング。

 
MIDIの打ち込み作る時は、シミュレーションのために
「自分用設定のドラム音源」
を使って割とリアルレコーディングのような感じになるようにしてから
エレドラ叩いてレコーディングするようにしています。

そうじゃないとどうも気持ちが悪くって。


MIDIファイル納品プランでご依頼頂いた案件も、
制作中にAudioファイルも同時進行で調整しながら作ってます。

あくまでシミュレーションのためだから結構ラフではあるのですが。

MIDIファイル納品プランでも、ご希望があれば
その一部を参考用としてAudioファイルを添付することもできます。
 
その音源を聞いて頂いたあと
「MIDIじゃなくて、今からAudio納品にすることはできないの?」
というご相談を受けることもあります。

そういった場合、1、2日お時間を頂きますが、

差額の料金をご入金頂ければAudioファイル納品プランに切り替えという形で

お受けする事も可能です☆

 
 
Audioファイル納品プランは、ほぼ完成品の状態でお届けできるので
特に、
MIDIのことやDTM/DAWに関してそれほど詳しくない方、
ドラムトラックはミキシングだけしたいという希望の方には好評です。
 
簡単に使える、この点がAudio納品プランの特徴です。
ドラム以外の他のパートの制作に時間をかけたい方には
かなりおすすめのプランになっています。
 
 
Audio納品プランの詳細は→コチラ
 
 

≫リズムラボの日常ブログ(アメブロ)はコチラ≪