◎胸を張って 「自分たちの曲です!聞いてみてください!」 と言って欲しい。

いろんなアーティストさん(プロアマ問わず)と接していると、

デモ用のCDなどを頂く事があります。

 

そんなときに

 

「ドラムは打ち込みなんですけど…」

 

というワードを聞く事があります。

これはドラムに限った事ではないですが、自分の作品に自信を持てていないということを公開しちゃってるみたいなものなんです。

打ち込みでも、「これでいい!」という確信があればそういうことにはならないと思うんです。

 

これは、とってももったいないです!

 

これはドラムの話だけじゃなく、

作品を作ろうとすれば、1つや2つの

「ああすればよかった」

は後で出てくるものかもしれないけれど、ちょっとのことで解決できるものなら

できるだけ、そのストレスは残さないでおきたいですよね。

 

そんなあたりの話を聞いてリズムラボを始めたってのもあります。

 

通常のレコーディングは日程やら費用やらたくさんのことを調整しないといけないですけど、打ち込みを代行に出してしまえば後は出来上がりを待って、

そのデータに修正希望を出して、限りなくご希望に近いものを手元に残せます。

費用も、通常のレコーディングの場合、一部修正を後からするのはかなり至難の業です。(別の日に全く同じ音を再現するのは難しい)

また、コストがかなり削減できます。

 

ご自分の作品を発信しようとするのなら、

是非とも胸を張って

「自分たちの曲です!聞いてみてください!」

と言って欲しい

 

そのお手伝いの為に、リズムラボはあります☆