◎安定したビート、の先を制作しています。

DTMドラム打ち込み代行リズムラボ、アビーです。


ドラムの演奏で、その演奏を褒めるとしたらなんでしょう?

・安定したビート
・エモーショナルなフレーズ
・躍動感のあるグルーヴ
・美しい音色
・演奏中の表情


など、ですかね。
(他にあったら教えて下さい、リアル演奏で取り組みます

 

時に。
ドラムは大前提として「安定したビート」を求められます。
それはDTM上では非常に簡単な事。
ピッタリカンカンに打ち込んでいけばいいわけです。

そして、ボーカルさんやソリストなどのフロントに立つメンバーのご意見を聞きますと

・盛り上がる時にガッと来てもらえると嬉しい
・雰囲気を一気に変える事ができるのはドラムだけ


というお話を良く聞きます。
テクニックがあるとか、そういうことじゃない、という事を、
口を揃えてフロントメンバーがおっしゃいます。
(安定したビート、というのが前提です)

では、これを打ち込みドラムでどうやるんだ?っていうところ。

仮にループを使っていったとしても、
非常に骨が折れる作業になります。

サビに向かって音量が上がっていくだけなら
オートメーションを使えばそれで済むかも知れません。
ですが、盛り上がる時の音量の上げ方はそういう単純さとは違うんです。

そのポイントを知るには、やはりいい音源を聞いて勉強するほかありません。

…となると、どれだけ時間がかかるでしょうか?

こういう時に、リズムラボの強みが出てきます。
ドラマーは、もともとそういう事を知ってますから。

 

 

≫リズムラボの日常ブログ(アメブロ)はコチラ≪