◎生ドラムの再現をすることが目的ではないのです。

DTMドラム打ち込み代行リズムラボ、アビーです☆

打ち込みのドラムってーのは、完全にシンセドラム的な、機械感バリバリのドラムがあり、生ドラムの代わりとしてのものがあります。
リズムラボはドラマーが、生だとこうなるでしょ!?という視点からもドラムトラックを制作していますが、「生ドラムを再現する事」に気合いを入れているのではなくて、それよりも、ご依頼頂いた方の思いを受けて「いい音楽を一緒に作る事」に気合いを入れています。


DTMドラムの「生っぽい」打ち込み方についての記事はとてもたくさんあり、「あ、確かに」「そういうことやってるな」とか、DAWのことについては、僕は詳しい方だとは言えないので勉強になることがたくさんあります。


ですが。なんか足りないんですよ。
打ち込みドラムのエキスパートの方々は、ドラムがどういうことをすると曲が活きてくるのかを知っています。


そこなんです。生っぽさを追求することに焦点が当てられていて(それが一番興味深い部分なんでしょうけれど)ドラムの役割について触れている記事が少なすぎる。
せっかくドラムのことを知ってもらっているのに、「生っぽい打ち込みドラムマシン」にするのは、あまりにももったいない。

 

≫リズムラボの日常ブログ(アメブロ)はコチラ≪