つぎはぎドラムにならないために。

DTMドラム打ち込み代行リズムラボ、アビーです☆

打ち込みをしたドラムを聞くときに、いつも気になること。

「人っぽくしたいのか、マシンっぽくしたいのか」

ものすごくドラマー風の演奏だったり、
完全なるマシン的なニュアンスだったり、
やりたい方向がはっきりしているドラムトラックだと、
仮に人間ができないようなフレーズがあったとしても自然に聞こえてきます。


一番気になるのは、
【中途半端に人間風】になっているドラムトラックなんですね。

そう感じるときは、大抵
・リズムパターン単体は活き活きしている。
・フィルインもかっこいいのが使われている。
・けど、なんか感情を揺さぶる何かが足りない。

ということが多い。

リズムを形作っているパーツはとても秀逸。
がしかし、気を遣って欲しいのはそのパーツパーツのつなぎ目なんでござんすよ。

かっこいいリズムパターンにかっこいいフィルインをくっつけたら、
そりゃなんとなくいい流れになります。
そこで、満足せずにもう一手間。

そのリズムパターンからフィルイン~リズムパターンへの流れは
その曲のストーリーに沿っていますか?
取って付けた感じなってませんか?


ベースとドラムをチェックするだけでも、
その曲のことがもっとわかるようになると思います♪

 

 

≫リズムラボの日常ブログ(アメブロ)はコチラ≪