ドラムテック(メンテナンス)派遣

注目され始めた、ドラムの調律師・ドラムテック

レコーディングエンジニアやライブのPAさん、照明さんと同じように、

いわゆる裏方として活躍している「ドラムテック」

 

ここ数年でその注目度はかなりアップしています。

 

ドラムのことを、ドラマーよりも知っているドラムテック。

 

何年もメンテナンスできていなかった「鳴らないはずのドラム」を

驚くほどの鳴りで蘇らせることができます。

 

また、スタジオ常設ドラムの定期点検としてのご利用も可能です。

 

 

ドラムテックのご紹介

ドラムテック・藤本裕一さん(写真右)

 

もともとアビーの生徒さんでしたが、いつの間にか脱サラしてドラムテックに!!(汗)

 

今ではリハーサルスタジオ、レコーディングスタジオ等のメンテナンス、チューニングを主として活動しています。

大阪出身で、とてもハキハキした、僕が大好きなドラマーの一人でもあります☆

 

僕自身のレコーディングでもドラムテックとして入っていただいたりしてますので、腕前はバッチリです。

安心してドラムセットを預けられます♪

 

 

メンテナンスで何が変わる?どんなメリットが?

◆メンテナンス・チューニングの効果

 

・楽器本来の”鳴り”が復活します。(使い込んだ楽器の場合)

 

 

・楽器(シンバル含む)を長く使い続けることができます。

 

 

・演奏中のトラブルを軽減できます。

 

 

 

◆レコーディング時の効果

 

・マイク乗りが良くなります。

 

・ジャンル・時代に合わせた音色を実現できます(限度はあるようです)。